困った時の自然療法☆頻繁に行う信頼する方法と関心のある方法について <ひまし油湿布編>

 これまでに読んだり聞いたり実行したりして信頼をおく健康に関するキーワード。

 

アーユルヴェーダアントロポゾフィー(シュタイナー)、アロマテラピー、ハーブ、オーガニック、ベジタリアンヴィーガン、温泉、ナチュラルハイジーン、マクロビオティックグルテンフリー、菜食、ローフード、エドガー・ケイシー、アンドルー・ワイル、etc..まだまだあるぞ。

 

心、精神、spiritualも含めるとキーワードが増えて広がっていく。

脳科学量子力学も興味深く、体と必ずつながっているだろうと感じます。

上記のキーワードにもすでにそのことは含まれていて、バランスされている。

様々なこと、宇宙全体で包括しているからこそ響く。

 

そんな自然な方法でわたしが時々行うもののひとつに、

 

エドガー・ケイシーが数多くの人に提唱した

「ひまし油湿布」があります。

湿布をあてる部分以外にも体全体への効果があると言われています。

例えば、

内臓機能や免疫向上、代謝を高める、血行不良、冷え、婦人科系全般、更年期、自律神経系、肩こり、便秘、アトピー、等々。

なんといっても、リラックス効果をわたしは推したいと思います。

 

効能や、やり方についてはネットで「ひまし油湿布」を検索するとたくさんhit。

日本エドガー・ケイシーセンターもあります。

ケイシーグッズを扱う横浜市テンプルさんへ一度行ってみたいな。

 

それではここで、

わたしの場合のひまし油湿布、覚書きをしておこう☆

生理以外のときに行う。

3日続けて4日休むというサイクルがよいと言われている。

 

わたしはiHerbで購入しているHeritage Productsのひまし油を使用。

organicで低温圧搾、ガラス瓶に入っていて安心。

 

70cm×35cmくらいの綿フランネルを三つ折りにして(必ず3枚重ね以上)

たっぷりのひまし油をふくませる。

(余談→フランネル布ナプキンとしても優秀)

 

あたためたひまし油をたっぷり、したたるくらい含ませたフランネルを、

右側の腎臓をおおうようにして、ラップでぐるっとまき、

さらにタオルを上からまいて、バンドみたいなものでとめる。

ひまし油は服などにつくと絶対に落ちないので要注意…!

 

その上から、湯たんぽをあて温める。(ひまし油用の温熱ヒーターほしいなぁ)

1時間~1時間半はそのまま、ゆっくりと瞑想するように穏やかな心で過ごす。

(冬はよくそのまま寝てしまったりもする)

 

湿布のあとは重層を溶かしたお湯でふきとる。

そのままシャワーをあびてもいいかも。

 

ぽかぽかあたためて、じぃーとゆっくりとしているリラックス効果の力!

 

この湿布をしている時間の過ごし方はとても大事とのこと。

ひまし油はミラクルな油とも言われてもいて、

(もはや油を超えた何かのような気もしてきた)

湿布をし、浸透させている間に、

不要な感情や情報、邪念などは避けておいたほうがいい。

(うん、そう思います)

瞑想のように静かに過ごすことがよいらしいです。

わたしはその時に心落ち着く本などを読んだり、

行きたいところや会いたい人へ会いに脳内tripをしたり、

眠らないけど睡眠の入り口のようなぼーっとしているあたりにいるとか。

 

ひまし油湿布は初めての時から、

「これは…!」

てな感じであったし、

暴飲暴食をしてしまったり、なんだか心身疲れてしまったとき、

ゆっくりリラックスしたいとき、

それぞれの状況、状態でほんわか効いている実感があるように思います☆

 

このひまし油湿布も含め、

エドガー・ケイシーという方の偉業については、知るほどうなづくこと多し。

 

こういう偉人はきっと今の時代にもいるのかもしれないし、

言ってみればどんな人にもすごい能力はあるんだと思う。

思い込みや気持ちの部分での癖が強いと発揮されにくいのかもしれない。

体も行動も全部が影響しあっていると思うので、

決めつけがあると見過ごすことが多そう。

だいたい自分のことも他人のことも決めつけてしまいがちで、

そのほとんどが無意識だったりもする。

とにかく現代の情報過多、そしてまだ出る杭は打たれちゃう事が多いし、

世間では素晴らしい力があっても、

資格や免許がないと信頼、信用もなく仕事としてできない、

実際何かガイドラインやルールがないと危険なこともあったりするだろうし。

能力をのびのび生かすには難しい時代?

いろいろ言い出すときりがなく、

どれも正解はなくって、違いがあるっていうことだけど。

 

それでも、

わたしははこのような仮説を立てて生きている。

誰もが、生まれてくる時代や設定を何かの学びに必要だから選んで生まれてきた、

前世も来世も成長が必要ならばある、と。

これは、これまでに読んだわたしの成長や変化を助けてくれた本や、

人々がこぞって(似たようなことを)学ばせてくれた概要である。

(本は心の旅!体が移動していない時、わたしは本で旅三昧である)

 

生きていればアップダウンがあり、目を背けたい感情もたくさんあるのだけど…

しかしこの仮説は、

理不尽なことに過剰に腹をたてることを回避できるかもしれない。

「正解はこれです!」とみーんなが納得する答えがないのだから、

自分がとりあえずでも納得し成長、幸せ、穏やかさに続く仮説はもっていていいと思う。

それぞれの仮説(価値観や思想、哲学とも言い換えられるかも)

を誰かとシェアしたり、交換したり、バージョンアップしたり、

それって、なんか愛の表現や具現化って言ってもいいと思いませんか?

と、つい深い語り(お酒なんか)が入るとこんな事を問うてしまいます☆

 

peace.