エッセンシャルオイルのブレンドと配合について<覚書>

身の回りの洗面、基礎化粧品、洗剤などを手作りしたり、

自然なものにしようと心がけています。

 

今回は、

主に手作りのクエン酸リンスに配合するエッセンシャルオイルについてメモ。

よくつくる好みのブレンドは、

いくつかは自然派シャンプーnature gateの配合を参考まねっこして

手持ちのエッセンシャルオイルでアレンジしつつ

作ってみたらよかった、というもの。

もっとたくさんの精油をブレンドしたりもします。

 

昔少し通ったアロマの学校の講師の方が、

「基本的に混ぜてはいけない組み合わせはないです。

光毒性や直接皮膚への刺激が強いものに気を付ければ自由です」

と言っていた。

 

私はお風呂や肌に直接つけるものにはなるべく柑橘系をさけたり、

(過去にピりピリしちゃったことが…)

ベルガモットはベルガプテンフリーのものを購入するようにしています。

 

そして旅行には必ず、

直接皮膚に使える2つ、ラベンダーとティーツリーを持参。

あとミントとゼラニウムも持っていくことが多い。

ラベンダーは財布にも入っている。

(昔はラベンダー単独の香りが苦手なこともあったけど今は好き)

 

オレンジとミントの精油は掃除に使ったり、

ルームスプレー、除菌スプレーにレギュラー使用。

あと、シダーウッドアトラスという精油の香りが結構好きで、

玄関とか押入れなどに他のウッド系とブレンドしたりしています。

 

香りとしては柑橘系とぺパーミントはいつでもいい気分になる。

寝る前でもミントをかぐほうが安眠できたりするので、

一応一般的な効能があっても、

自分のその時の気分や調子で良いと感じることを

一番アテにして選んでいいかなーと思う☆

 

気分によって香りへの反応、好みが変わるので

(特にイランイランは時によって極端)

それでいろいろ心身状態を知ったり、癒したり、

自分なりの画期的ブレンドができたりするのでおもしろい、安全、健やか。

暮らしや旅に、なくてはならないエッセンシャルオイル、ありがたいぞ☆

 

 

☆おまけ☆

一応、レッスンの時に聞いた、相性の良い組み合わせ。

この並びの隣同士の系統でブレンドすると好相性らしいです。

  • ハーブ系(クラリセージ、ペパーミント、ローズマリー等)
  • 柑橘系(グレープフルーツ、オレンジ、レモン等)
  • フローラル系(ゼラニウム、ラベンダー、ローズ、ジャーマンカモミール等)
  • エキゾチック系(イランイラン、サンダルウッド等)
  • スパイス系(シナモン、バジル等)
  • ウッディ系(ティーツリー、ユーカリ、ジュニパー等)

(そしてまたウッディ系からハーブ系のところへつながり円となる)