地球散歩

自分なりの哲学、お茶の間自然療法研究、思いつきや日々の気づき、散文、備忘録、メモ(ツイッター清書役割あり)好奇心多方面に旺盛、すぐ興奮 ♡→旅、自然、森、海、音楽、ダンス、映画、芸術、色、本、spiritual journey、手作り、シンプル料理、ハーブ、アロマ、サッカー観戦...and more!   ☆ツイッター→https://twitter.com/takealongwalk ☆インスタグラムART編→https://www.instagram.com/take_a_long_walk/

中央区が熱心に取組む「健康こみち」の足つぼを楽しみながら、健やかな心、体、自然、社会の未来をかんがえる

4月の伊豆半島旅と夏の伊豆キャンプ旅で、

土肥海水浴場の背後にある松原公園にある

世界一の花時計をぐるりと囲う足つぼ!を楽しんだ。

(ココ、大好き!)

素晴らしいところでございます。

なんといっても世界一の花時計!

その世界一の花時計をぐるりと足つぼが囲っているのですから。

 

東京にも足つぼできるところ、ないかな?と探してみると、

なんと中央区がこの設備に熱心に取り組んでいた。

  • 血行促進
  • 筋肉のコリほぐし
  • ストレス解消
  • 適度な運動不足解消

このような効能があると書かれていて、

「健康小道愛好の会」まであるらしい!

私は一人でこの活動をしているかも。

(家人Tを連れても、大声で痛いを連発してたいしてやりたがらない…むぅ)

 

まずは私の好きな、「浜町公園」にあるっていうんで、早速踏み踏みしてきた。

f:id:number444:20150922004639j:plain

f:id:number444:20150922004640j:plain

前から結構浜町公園には行っていたのだけど、この設備を見落としていた…

隅田川からちょっと離れているしさ。。

以降、健康こみちのある公園に立ち寄っては踏み踏みしている。

 

これをやっていると、たまに人が寄ってくる事がある。

  • やりたそうな人
  • 「この人何やってるの?」的な興味で寄ってくる人
  • 「へー本当に利用する人いるんだー」的な目で見ている人、

という感じ。たぶん。

 

(追記:東銀座でスペイン語を話す3人の男性観光客が、何周も健康こみちを堪能する私を不思議そうに見ていたので、Try it!と声をかけたらおそるおそるやり始めていた。さほど痛がらずにクールにこなしていた、健康なのかもネ☆)


終わったあとの足がじーーんとあったかくなるあの感じがたまらない!


電気もいらないし、一度つくれば特別な管理もいらず、

さらに血行がよくなって健康促進、

老若男女みんなが楽しく利用できるはず☆だよね?!

 

ぐるぐる繰り返し踏んで歩いていると、

walking meditation 的になるような気もする。。

 

うちの近所でも、いや日本中、世界中に普及してほしい!

 

なので、

まずは自分ちにひとつ。

 
{6AA973E2-C542-4AC1-B87D-5AC42D442D15:01}
Amazonで購入(ピンキリでいろいろあったけど私は2,500円位のだったかな?)
 
結構侮れません、効きます。
読書、テレビ中などのおともにも。
 
ちなみに、

中央区の公園に設置してある健康増進遊具「健康こみち」についてはコチラ

公園の案内図はコチラ

特に浜町公園と京橋公園は気に入りです☆あ、東銀座の橋のところもね!

f:id:number444:20150922004637j:plain

 

中央区は大好きな隅田川があり、よくお散歩に行く。

健康小道と隅田川、心身ともリラックスできるなんて嬉しい、ステキ!

 

 

ところで、

村上春樹氏もどこかで言っていたけど、

街中に発電できる自転車を置いておいて、

やりたい人が自由にこげば、発電と健康、ダイエットが同時に叶う、

というのに大賛成!

人が管理しなくてもある程度設備を整えて置いておけばいいのだし、

これでできた電気を公共機関などで使用し、

エネルギーに関して自然や環境を考慮した新しい着眼点をつくりだすのはどうかな。

こういうことに政府はお金と労力を使ってほしいですぞ!

 

そして印象深く、いつか夢見ていることに通ずる発端的思い出。

4年前オーストラリアのメルボルンで立ち寄ったコミュニティの敷地内には

廃材で作ったオーガニックカフェ、畑、ハーブガーデン、園芸店などがあって

「自転車をこいで発電し映画をみよう」

というようなステキ企画もしていた。

創造的なリサイクルやリユースが敷地内にわんさかあってワクワク♪

立地は街の中。大通りから入った住宅地にポンとある。

f:id:number444:20150924091346j:plain

こんなふうに自転車の廃材などを利用して何か作っていたり。

f:id:number444:20150924091535j:plain

オーガニックカフェは開放的なつくり。

 

こういう場や機会がどんどんできれば楽しくてうれしい世界だな。

(近々この時の2011年のオーストラリア日記を書こうかな)

 

心も体も気持ちよく魂が喜ぶ場所、出会い、活動を創りだす世界。

思いつくことどんどんネ♪