地球散歩

自分なりの哲学、お茶の間自然療法研究、思いつきや日々の気づき、散文、備忘録、メモ(ツイッター清書役割あり)好奇心多方面に旺盛、すぐ興奮 ♡→旅、自然、森、海、音楽、ダンス、映画、芸術、色、本、spiritual journey、手作り、シンプル料理、ハーブ、アロマ、サッカー観戦...and more!   ☆ツイッター→https://twitter.com/takealongwalk ☆インスタグラムART編→https://www.instagram.com/take_a_long_walk/

久々の18切符で山梨経由、長野へ1日目【甲府、茅野途中下車と下諏訪で温泉編】

久々の18切符での旅。何年ぶりだろう?

普段から、東京メトロや、東急線、東急バスなんかの一日乗車券が大好きで頻繁に利用している私としては、18切符は乗り放題好きの「極み」ともいえるだろうと思う。

 

早速、使用開始日の7/20に、心の癒しとリフレッシュでしばしば訪れる仲良しのお友達のいる安曇野へ。翌日は満月でもあったから「満を持しての旅」ムードがいいね!

 

18切符といえば途中下車☆様々な寄り道案が浮かぶも、迷いに迷って選んだ「ゆっくりと茅野で途中下車」をして、「下諏訪で温泉」、そして「お仕事を終えた友達」と合流という計画をたてた。

しかし、まさか…まだまだ出だしの段階で、ボーっとして快速に乗換えるのを忘れ、乗換ネット検索の上では茅野計画はポシャった…とみえた。

昔は18切符といえば、折り目を大量につけた時刻表を持ち歩いて乗換を計画したものでしたが、現代ネット時代では携帯でパパッとネット検索。

ネット検索は、長い旅路の場合、最終目的地に乗り換え回数、時間などから「総合的に最適」だと勝手に計算した結果らしく(?)「乗換めっちゃあっても早く着くよ」とか「こっち経由の方が楽しいよ」、などとは当たり前だが考慮してくれない。どういうわけか、ノンストップでどんどん乗っていくと検索より早くついたりする。

そういうわけで、ずらせない下諏訪駅到着時刻を目指すと、ネット検索上は茅野下車はできないスケジュールと出る。しかし実際は40分間降り立つことができた。とにかく前へ前へと歩を進めると、意外に到着できるものである。茅野どころか甲府でも少々滞在でけた。(やはり紙の時刻表の方が面倒だが情緒もあり、計画は楽しく正確。それでも面倒が勝ってネット使用なのである…)

 

まずは甲府で1時間弱の下車。

乗換時間15分の間に体を動かしたくて、ふと改札を出てみたら【山梨県図書館】を発見してしまった。県立で大きいし、なんともオシャレなたたずまい。図書館大好きな私が素通りできるはずもなく、1本電車を見送って図書館に入る。

 

なんとモダンで広々開放的な図書館なのだ!

地方都市の公共施設のスタイリッシュさはここ最近目を見張るものがある。

f:id:number444:20160801200752j:plain

しかも、大混雑もないので、どこかしら席は確保できる。

さすが県立図書館ともあって、地元甲府、山梨の歴史、地理に関するコーナーが大きくあった。

外へ出て少し行くと自然風景や美味しい空気もあるし、受験生や集中して勉強したい人は都心の図書館なんかよりこのようなスペースに余裕があって周辺環境も良い地方都市の図書館での勉強は大変はかどりそう、じゃないですか?(都心にも穴場図書館も多々あるけれども…ネ、大らかさというか、やっぱり自然がすぐあっていいね。)

 

さらに、図書館のお向かいにはなんと、D&DEPARTMENT YAMANASHIまである!Oh!時間があったらここでお茶したかったよ…

f:id:number444:20160801203248j:plain

 

ひゃ~甲府楽しそう♪しかも繁華街は反対側出口のようす。これは近々18切符での再来をせねばならぬ。クラフトビール屋さんや温泉銭湯もいくつかあるらしいので、やる気満々!

 

そしてやっと茅野駅茅野駅直結の図書館と美術館を訪れたかったのだ。

到着前から腹ペコだったので駅そば。(私にとって18切符と駅そばはゴールデンコンビ☆)しかもここの駅そばは待合室やちょっと先にある観光案内の椅子で食べることができるうえに、容器代20円で電車内にも持ち込むことができる。(そのシステム、松本駅でも発見したんだった)

f:id:number444:20160801194144j:plain

ちょっとしたテーブル付の木の椅子(長野県でよくみかける)に座って、地元名産紹介の棚を眺めつつ食す。30円増し、ゆで時間3分増しの生そばでの野沢菜わさびそば♡

 

そして、茅野図書館と美術館の入る複合施設、Chino Cultual Complexへ。

f:id:number444:20160802100113j:plain

 

f:id:number444:20160802101340j:plain

中庭もステキ☆

 

f:id:number444:20160802101757j:plain

入口に入るとすぐ図書館。ゆるやかな下り坂に沿って本や机、カウンターが並ぶ。その先に美術館。

いいなぁいいなぁ、お日様たっぷり天井高く、ここで中庭を望んで勉強したいなぁ。

f:id:number444:20160802130601j:plain

かわいらしいカラフルな休憩&情報コーナー。スタイリッシュだな、さすが長野。

 

図書館の奥は美術館。

訪れた時は一般の方々の作品展示があって、一周ぐるっと観覧。

 

続いて、下諏訪へ移動して、参拝と温泉に。まずは諏訪大社、下社秋宮へ参拝。

f:id:number444:20160802102638j:plain

いつ来ても、参拝すると清らかな気持ちになります。17時過ぎていて、人もまばら。

f:id:number444:20160802123205j:plain

 

お次は温泉。下諏訪にはたくさん泉質の素晴らしい温泉が格安!というか激安!f:id:number444:20160802104303j:plain

今回は【下諏訪温泉遊泉ハウス児湯】へ。

すっごくあったまった!湯冷ましに時間がかかる、いつまでもポカポカ。地元の方々が楽しくおしゃべりしながら入ってた。憩いの場なんだろうなぁ。こんなに良い温泉で230円って!もうこれは諏訪に住もうかな…って何度も考えちゃうってこと!

f:id:number444:20160802111155j:plain

下諏訪は静かできれいな町。

上諏訪はもっと観光地度が高くて栄えていて、酒造もいくつかって、そっちも楽しくて好きなんだけど、私は下諏訪の温泉に入りにきてしまう。230円って…しつこいけど毎回感動、もっと払いましょうか、と言いたくなる。

長野(といっても広い長野の全てを知らないけれど)諏訪や安曇野界隈ってやっぱり大好きだなぁ。ぜんぶが心地よいバランスというか、縁も感じるし、センスもあって自然もあって、人も良い印象。来ると必ず取り戻す何か、充電、癒しのような、とにかく良い気分なのであります。

人や場所って相性というか、(タイミングがややずれるときがあっても)波動というか波長というか、気分がよくなる人や環境に身を置きたいし、そしてその良い気分で調和できるように努めていきたい。

f:id:number444:20160802112529j:plain

f:id:number444:20160802133457j:plain

よし、温泉にも入ったし、友達に会いにウキウキ安曇野へ向かう。あぁ長野♡

2日目編に続く!