サンフランシスコ・シアトル、スウェーデンの旅 <PART.1 サンフランシスコ編> in October 2014 

 

わたしは時系列でまとめるのが難しく…

さらに、気分が乗る時が自分でもよくわからない不規則性…

 

そんなわけで、

思いついたり思いだした時にこれまでの旅について書くことに…

 

そのきっかけの1つは、

いま私の大好きな友達がハネムーンで半年くらい世界を旅している☆

(I miss her very much!)

彼女たちのわくわくしちゃう旅、あおいたびブログを読んでいて、

下書きして放置していた旅日記に取り掛かってみた☆

 

だいたいは、どこに行くのも、散歩に出かけている感覚。

 

ある友人はわたしに、

「地球散歩が得意」と発言(それ気にいった!ではブログタイトル♪)

 

どこにいても、歩く時はすごく歩く。

(歩きすぎて過去に疲労骨折になったくらい。気分が盛り上がると加減も休憩もできなくなる…危険!)

 

 

2014年秋の海外へのお散歩、

 

 

 

サンフランシスコ、シアトル、スウェーデン(の田舎町)

 

 

アメリカは一人旅。スウェーデンは人を訪ねて。

 

ちなみに、2014年は数回サンフランシスコへ降り立った。

西海岸好きです♡

 

サンフランシスコも大好き!

初めて行った10年くらい前に、この街住みたい!と思ったくらい。

当時SF在住で滞在させてもらった友人談では、

最近は大手企業のSFで大発展、物価や家賃が高騰しすっかり変わった、とのこと…

ふぅむ…

 

わたしがU.S.Aでこれまでに行ったところは、楽しかったとこばかり。

田舎、都会共に、人は明るくてアメリカンユーモアたっぷりだった。

 

いろいろな理由で、アメリカは滞在しやすいです。

英語圏で、更にわたしの好む暮らしにおいて、安心、安全、安価な選択ができる。

(THE 3安だ)

 

日本にいても、アメリカの大好きな自然系スーパーのwebサイト、

特にレシピページを時々のぞく。

 

たとえば、

今は大きな展開になったTrader Joe's

 

わたしがカリフォルニアの郊外、San Luis Obispoに滞在していた10年くらい前には西海岸のみの展開だったTrader Joe's。

頼み込んでいつも連れて行ってもらって長居したな。

ここは聞くところによると、生産、管理、流通までほとんどを自社でまかなっているために、

このクオリティで安価が可能とのこと。

 

普段は、

チェーン展開しているお店よりも個人経営を応援して消費したいと思っているけど、

オーガニックや自然食品が身近になるには大きな企業が提案してくれると、

人々の暮らしがよりよく変化するきっかけや近道になったり、

良いお店での買い物は変化、メッセージ、投票のようになる。

大きい規模でしかできない環境への取り組みもあるし、そのメッセージ性は高い。

 

勿論、このサンフランシスコでも何店かのTrader Joe'sをまわり、

オリジナルのTrader Joe's商品や果物を買って食べたり、

サラダのドレッシングなどを観察して帰国したら作ろう、とか思って楽しんだ。

 

その中で美味しくて気に入ったこれを帰国後、オリジナルアレンジした

 

SF-OCT (6) - コピー

 

 

WHOLE FOODSもかなりBIGな展開。

SFのWhole Foodsで行った中では、SOMA店は売場、イートインスペースとも大きく種類も豊富だった。

イートインスペースはガラス張りで日光たっぷり。

 

そしてこちらもSFでの大好きな自然系のお店、

レインボーグロサリーRainbow Grocery

 

ここは自然食品と雑貨を扱うCO-OP、店員さんとお客さんが一目で区別できない距離感やフレンドリーさも好き。

 

CO-OPつながりで言うとシアトルの

Central CO-OP

も大好き!

シアトルのことを書く時にまた詳細を書くけれど、

毎日通って、一体わたしはここに何時間いたのだろうか…

 

 

普通のスーパーでは、こわごわと裏のラベルを熟読し、いちいち疑心暗鬼になる。

そんな心配のないeco-friendlyでsafeでnaturalなお店たち。

もちろん裏のラベルはどこでも見るけど、

スマイルで眺めるのとムムム…と眺めるのとではストレスが段違い。

 

 

アメリカやオーストラリア、ヨーロッパを旅していると、都市を離れても、

どこかに自然系SHOPがあり、安心する。

 

 

サンフランシスコでは、行きたかったお店、

Needles & Pens

にも行き、達成感、充実感。

なんともかわいいお店だった☆

Art系の本、雑誌、ZINEのような小冊子、

服やアクセサリー、クリエーターさんたちの作品が小さなお店に並んでいる。

 

Needles & Pens

 

 

サンフランシスコといえば、

2014年結局3回以上も降り立った。

そのSF街ブラでは、クラフトビールもいくつかまわったけど、

SFではCity Beer Storeがよかったかな。

 

店員さんにPALE ALEが好きなんだけど、今日のオススメはある?と、

オススメしてもらったものを注文し、

お店の椅子に座って飲んだ。

 

(写真撮影も飲んだビールの名前も忘れてきたけど…)

 

暑い中たくさん歩いてのどを渇かしたかいがあったぞ、おいしい!

 

わたしが飲んだ時の店内は男性客ばかりだった。

LAPTOPを広げて、仕事をしながら飲んでいる男性とか、

ラジオを聴きながら飲むおじいちゃんとか、

昼からお茶するようにビールを飲めるお店が多いのがナイス!

 

こちらでは、

日本のクラフトビールもボトル販売していた。

大きな冷蔵庫には世界のビールがずらり。

ジャケ買いしたくなるよう目を引くものもたくさん。

 

ほろ酔いでおいしいビールを味わっていたら、

飛行機の時間にハッとして急いで空港へ。

 

あとは、ジャイアンツのホームスタジアム近くのBREWERYでもPALE ALEを一杯。

f:id:number444:20150714143440j:plain

(わーお店も飲んだのも名前忘れた…このややピンボケした写真だけ…)

 

その日は、ジャイアンツが勝利したとのことで、

店内はポジティブな歓喜ムードでよかった。。

 

 

2014年の数回のサンフランシスコ滞在のある時、

どこかに泊まろうと探してみたが、わたしの予算内の宿泊は軒並み満室。。

そこで、

前に、乗り継ぎが夜中から早朝の時に、SFO空港に泊まったら、

予想以上に安全で居心地がよかったことを思い出し、

その時の、

「警備員室と、飲み水コーナートイレとコンセントがあるバッチリな場所」

へ向かった。

 

SFO空港は、コインシャワーもあるし、ごはんもなかなか良い感じだし、

どのターミナル、パブリックエリア、トランジットエリア、も空間が好みなので、

へたな安宿に泊まろうとするならSFOへ・・と言いたいくらい。

 

そういう場合、

空港で過ごすためのこんな有力情報サイトもあるしね・・

初めて行く国で利用する空港は、

このサイトで把握しておけば、何かあったら空港にいればいいんだ!

と心の保険にしていることが多い。

 

パブリックエリア、トランジットエリア共に、

いくつかの期間限定のART展示もやっていて、なかなか楽しめる。

 

☆SF-JUL (20)

 

 

空港は大大大好きで、

出発4時間前には空港到着し、探検や人間観察を楽しむ。

my空港ベスト1はダントツ、SingaporeのChangi空港、2位はこのSFO空港です!

 

 

これからも国内外、お散歩ついでに調査をするような旅をウキウキしていこう♪

 

 

クラフトビール三昧のシアトルと、スウェーデンの田舎町編はまた今度!

 

 

 

おまけ情報;

 

 

SFO空港から市街へ行くのに、ずっとBARTを使用していたけど、

日中は公共バスも使えることを知り、2ドルくらいで市街へ行くことができた。

 

国際線ターミナルから一番下までエスカレーターでおりて、外に出ると公共バスに乗れる。

なぜか、観光客にはお金を使わせたい作戦か、

上の階のインフォメーションセンターで3人くらいに場所を変えて尋ねたけど、ちゃんと教えてくれなかった。

下まで降りたインフォメーションでは、あきらめてくれるのか(?!)ちゃんと教えてくれました。

 

わたしは、292のバスで24th streetあたりまで行きました。

30分か1時間に1本くらいだったかな?

ちょっとうろ覚えだけど、Google mapで知り調べることができた。

 

ハイテクノロジーの恩恵…